楽天証券

楽天証券と楽天銀行の同時口座開設(マネーブリッジ)のメリットと方法【画像付き】

楽天証券と楽天銀行は、両方の口座を持っていることで、普通預金の金利が0.1%になる等、多くのメリット・特典があります。

そこで、本記事では、楽天証券と楽天銀行を連携(マネーブリッジ)することで得られるメリットをまとめつつ、両行の同時口座開設やマネーブリッジする方を画像付きで解説していきます。

楽天証券・楽天銀行を口座開設&連携(マネーブリッジ)するメリット

はじめに、楽天証券と楽天銀行を口座開設&連携(マネーブリッジ)するメリットについて解説して行きます。

楽天証券と楽天銀行を同時口座開設すると、以下のような特典があります。ちなみに、同時口座開設しなくても、預金金利やスイープ機能など、キャンペーン以外のメリット・特典はもらえます。

両方の口座を開設するメリット
  • 普通預金金利が年率0.1% ← 業界最高水準
  • 自動スイープ機能が便利
  • キャンペーンで現金1,000円がもらえる

特に嬉しい特典は、楽天銀行の普通預金金利が年率0.1%になる点です。

メガバンクやゆうちょ銀行など、多くの銀行金利が年率0.001%となっている中、楽天証券と連携するだけで金利が常に年率0.1%になるのは、かなりお得です。

以下、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

普通預金金利が年率0.1%

楽天銀行の普通預金の金利は通常0.02%ですが、楽天証券と連携(通称:マネーブリッジ)を行うことで、楽天銀行の普通預金金利を5倍の0.1%にできます。

以下の表は、各銀行の普通預金金利を表したものです。楽天銀行の普通預金金利は、他行と比べて、通常でも高い水準にありますが、楽天証券との連携後は、業界最高水準となっています。

銀行名 普通預金金利
(年率)
楽天銀行
(マネーブリッジ)
0.02%
(0.1%)
イオン銀行 0.02%
*0.1&
東京スター銀行 0.02%
オリックス銀行 0.02%
住信SBIネット銀行 0.001%
(0.01%)
ソニー銀行 0.001%
セブン銀行 0.001%
ゆうちょ銀行 0.001%
三菱東京UFJ銀行 0.001%
三井住友銀行 0.001%
みずほ銀行 0.001%

マイナス金利の導入以降、ゆうちょ銀行やメガバンクなどの銀行の普通預金金利が0.001%となる中、普通預金金利0.1%で運用できる銀行は、かなり貴重です。

ちなみに、イオン銀行も楽天銀行と同様に特別金利0.1%がありますが、買い物や銀行取引など様々な条件があります。

そのため、楽天証券と楽天銀行の口座開設とマネーブリッジだけで金利が0.1%になる、楽天銀行の方が、お金や手間がかからず、オススメです。

自動入出金(スイープ機能)が使える

楽天銀行と楽天証券の口座で自動入出金(スイープ機能)の設定を行うと、楽天証券と楽天銀行でお金を共有しているイメージで、投資や資産運用が行えます。

通常、証券会社で投資を行いたい場合、銀行からお金を入金する必要がありますが、楽天証券・楽天銀行の場合は、楽天銀行にお金が入っていれば、わざわざ入金しなくても楽天証券で投資資金として利用できます

また、他の証券会社の場合、銀行から出金して証券口座に入金するため、銀行での普通預金金利は対象外となってしまいますが、楽天証券・楽天銀行の場合、楽天銀行にお金を残したまま、投資余力に反映できます。

そのため、楽天銀行の普通預金金利0.1%の特典も同時受けることができます。

自動入出金のメリット
  • 投資資金でありながら優遇金利(0.1%)が受けられる
  • 入金の手数料無料
  • 入出金の手間がかからない

キャンペーンで現金がもらえる

楽天証券・楽天銀行の口座開設および自動入出金の設定で、もれなく現金1,000円がもらえます。口座開設や自動入出金の設定は全て無料なので、かなりお得なキャンペーンです。

キャンペーン期間(口座開設の締め切り)は、2018年10月19日までとなっているので、この機会に口座開設をすると良いでしょう。

また、本サイトでのキャンペーンの詳細・解説は、以下の記事をご参考ください。

あわせて読みたい
楽天証券キャンペーン【2018年9月まとめ】口座開設&取引で2万円相当などお得な特典がいっぱい楽天証券では、高額なポイントや現金がもらえるお得なキャンペーンを毎月行っています。2018年9月も、2万円相当のポイントやで1,000円...

デメリット・注意点は無い?

ここまで解説してきたように、楽天銀行と楽天証券の口座開設には様々なメリットがあります。口座開設や各種設定は無料なので、基本的にデメリットはありません。

あえてデメリットをあげるとすれば、自動入出金設定を行なった場合、楽天銀行の預金が全て楽天証券の投資余力として反映される点です。

自分の中で、投資資金と生活資金の区別がついていれば問題ありませんが、楽天証券で多くの取引を行う方は、楽天銀行の生活資金分を使わないように注意しましょう。

ただ、楽天銀行の預金金利0.1%を目的として、投資はやらずに同時口座開設を行なっている方は、あまり関係ないデメリットです。

私自身、楽天銀行をメインバンクとして利用しており、楽天証券を楽天ポイントを利用した投資信託の購入と楽天カードによる積立で利用していますが、今のところ困ったことはありません。

楽天ポイント・楽天カードを利用した投信の購入に関しては、以下をご参考ください。

あわせて読みたい
楽天ポイントでの投資信託の買い方は?積立のやり方や手順・流れを画像付き解説楽天証券では、楽天カードや楽天市場などの利用で貯まる楽天スーパーポイント(以下、楽天ポイント)で投資信託の購入が行えます。 楽天ポ...

楽天銀行と楽天証券を同時に口座開設する方法

次に、楽天銀行と楽天証券の口座を同時に開設する簡単な方法を紹介します。

既に、楽天銀行の口座をお持ちの方は、楽天証券だけ口座開設すれば良いですが、どちらの口座もお持ちでない方は、同時口座開設で劇的に口座開設&連携の時間や手間を省けます。

同時口座開設の流れ・手順

楽天証券と楽天銀行の口座を同時に開設する手順・流れは、以下のようになります。基本的に、楽天証券の口座開設をする際に、オプションで「楽天銀行の口座開設」を選ぶだけで、同時口座開設ができます。

同時口座開設する流れ・手順
  • 楽天証券の口座開設ページへ( ⇒ )
  • 必要事項の入力
  • 楽天銀行同時口座開設を選択

以下、各ステップを詳しく見ていきます。

楽天証券の申し込みページへ

はじめに、楽天証券の口座開設申込みページに移動します。以下のリンクから楽天証券の公式申し込みできるので、口座開設を行う方はクリック・タップをしてください。

>>>

以下、楽天証券の口座開設、および同時口座開設のポイントを解説していきます。楽天証券の口座開設方法を、端折らずに詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考ください。

あわせて読みたい
楽天証券口座開設の流れ・手順【画像付き】口座開設の方法や係る日数を解説楽天証券は、楽天ポイント・カードでの投資信託の購入などで人気のネット証券です。そのため、口座開設も増えていますが、一方で口座開設の流れや...

必要事項の入力

口座申し込み専用ページに移動したら、次に必要事項の入力を行います。以下の図のように、名前、氏名に続き、電話番号・メールアドレスの入力を、順々に行います。

住所の入力|楽天証券口座開設住所の入力|楽天証券口座開設

ちなみに、楽天証券口座開設の最初に楽天会員として口座開設を開始すると、必要事項の7割程度がすでに入力済みとなっており、さらに簡単に同時口座開設が行えます。

電話番号・メールアドレスの入力電話番号・メールアドレスの入力

楽天銀行の口座開設を選択

必要事項を入力し申し込み画面の下方へ移動(スクロール)指定行くと、以下の図のように、楽天銀行との同時口座開設をするかどうか?の選択画面へ行きます。

楽天銀行の同時口座開設の選択楽天銀行の同時口座開設の選択

この画面で「申し込む」を選ぶと、楽天証券の口座と一緒に、楽天銀行の口座開設も行えます。クリック一つで口座開設できるので、大変便利です。

ここまで終われば、後は、楽天証券の申し込み画面に沿って、免許証などの本人確認書類をアップロードすれば、楽天証券・楽天銀行の口座解説が完了です。最短で数営業日程度で、口座へのログイン用のIDやパスワードが送られてきます。

この他の楽天証券の口座開設の詳しい手順や流れは、以下をご参考ください。

あわせて読みたい
楽天証券口座開設の流れ・手順【画像付き】口座開設の方法や係る日数を解説楽天証券は、楽天ポイント・カードでの投資信託の購入などで人気のネット証券です。そのため、口座開設も増えていますが、一方で口座開設の流れや...

楽天証券は、ポイント等でお得な投資信託サービスの他にも、マネーブリッジで普通預金金利が0.1%になったり、豊富な外国株・海外ETFの品揃え、ステージ制IPO、また日経新聞を無料で読めるなど数多くのメリットがあります。

口座開設費・維持費は無料ですし、現在口座開設キャンペーンで最大2万円相当のポイントがもらえるので、口座をお持ちで無い方は、この機会に口座開設すると良いでしょう。

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

また、楽天証券の詳細、キャンペーン情報は、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
楽天証券口座開設のメリット・デメリット|ポイント投資や手数料などを徹底解説楽天証券 は、国内外の株式・ETF、投資信託、債券、IPO(新規公開株)、FX、確定拠出年金(iDeCo)など多様な金融商品を取り扱って...